弥勒家系術は一人でも出せます。僕らも最初はそうでした。個人レベルで火水土を出して、その方の特徴の話をしていました。

そして、3人有名グループの弥勒数を勝手に出してみました。そうすると、活躍していた殆どのグループに火水土がバラバラで存在をしていて、バランスが整っていました。

これを元に家族で弥勒数を出してみたらどうなるだろう。という発想でスタートしました。

家系を見始めたばかりの時に、陰陽があること、数字の1〜9が存在する事に気付き、この3つをもってしてセッション(鑑定)をスタートさせました。

火水土で3つ。この3つが陰陽にそれぞれ別れて6つ。そして1〜9で369という事に後で気付き、弥勒家系術という名前にしました。

そして、家系で見ていった所ところ、個人のバランスはもとより、家族間のバランス、ご先祖様の因縁までもが見えて来ました。

弥勒家系術は、頑張ってきた人たちが自力だけではなく、ご先祖様の計らいを受けやすくする目的もあります。

そして、自分自身が他界し、子孫が全く自分を思い出す事も、最悪は存在すらも忘れられてたらどう思いますか?

このセッションが、そんなご先祖様を想う時間であって頂けたらなお嬉しいです。