散花結実

【散花結実(さんかけつじつ)】

散花結実とは直訳すると

「花が散り、その後に実を結ぶ。」

という意味です。

直訳だと、普通のことを単に説明しているだけのように感じますね。

ですが、これを仕事や人生に当てはめてみます。

頑張って成長していくと、一瞬、華やかに見えたりします。

とっても成功しているように見えてしまいます。

ですが、そういう華やかに見えるお花もいっときすると散ります。

これが本来の流れです。

花が散ると、見た目はとても寂しく虚しい状態になるかもしれません。

ですが、このまましっかり成長していくとやがてその植物は実を結びます。

散った後に実を結ぶという事を知らなかったら、育てるのを放棄してしまうかもしれません。

「あなたは今、植物を育ててるとしたらどういう状況ですか?」

種を蒔いたばかりかもしれませんね。

ちゃんと芽が出るか不安もあるでしょう。

それとも花が満開の状態ですか?

もしかしたら、花が散った状態かもしれませんね。

はたまた、多くの実が実っているかもしれません。

果物の樹は、仕事や人生の成長ととても良く似ています。

桃栗3年、柿8年。

人によって早咲きも遅咲きもあるでしょう。

ですので他と比較せず、自分の果実をしっかりと育てて行きましょう。

*12月の予定

■弥勒講座 ~目に見えない力を使う技術~

 12月21日(金)10時半~12時半

https://www.facebook.com/events/761362427553916/?ti=icl

■弥勒参拝 

12月28日(金)10時半~

https://www.facebook.com/events/262118504412987/?ti=icl

■魂の声が届くようになるためのモニター鑑定 (12月末まで)

https://m.facebook.com/369kakei/posts/767916903558096/

・弥勒家系術ライン@ 👉https://line.me/R/ti/p/%40kbl3042j 

・ID検索👉 @kbl3042j

*弥勒家系術鑑定

https://peraichi.com/landing_pages/view/369kakei3

弥勒家系セッションをご希望の方へ

※弥勒(みろく)家系術についてのご質問、ご予約はこちらから問い合わせください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です